亜鉛サプリ、DHCでこっそりはじめる人が増えています

亜鉛サプリ、DHCでこっそりはじめる人が増えています

亜鉛の効果とは?

亜鉛のサプリメントが人気を集めています。それは、亜鉛という栄養素がもたらす効果には多くのものがあるからです。

 

まずは、身体の効果を紹介しましょう。

 

★疲れにくくなる
★免疫力がアップする
★男性機能が正常化する
★女性のPMSや生理痛、生理不順に効果がある
★新陳代謝を活発にするので、髪や肌を美しく保つ
★代謝を上げるので、ダイエットをサポートする
★男性特有の毛髪の悩みを解決する
★爪の異常を解消する
★貧血を解消する

その他の効果

 

★脳のはたらきを高めるので仕事や勉強がスムーズに進む
★視力の回復(網膜のはたらきに亜鉛が必要)
★子供の身長や骨の成長を促す
★味覚障害を改善する
★精神を安定させ、うつを改善させる

 

と、ざっとこのくらいの効果はあるのです。効果がありすぎて大変なのですが(いや、嬉しいのですが)、効果を出すためには気を付けたいことがたくさんあります。

 

 

注意事項に気を付けながら亜鉛を摂取していると、かなり嬉しい効果を得ることが可能です。
亜鉛は、食事で毎日継続して摂取するのが難しいと言われています。確実に継続するには、サプリメントが大切となっています。
今回は、DHCの亜鉛のサプリメントを中心に紹介していきます。

 

 

実際の亜鉛の摂取量と目安量

私たちは、毎日どのくらいの亜鉛を摂取した方がいいのでしょうか。

 

成人男性の摂取目安量は、12mgと言われています。しかし、実際の摂取量は8.9mgとなっています。
男性の場合は、アルコールやストレスで亜鉛を消費しがちですから、目安量くらいは摂取した方がいいでしょう。また、スポーツなどの有酸素運動でも亜鉛は消費されます。継続的な摂取が必要となります。

 

成人女性の摂取目安量は、9mgと言われています。しかし、実際の摂取量は7.3mgとなっています。やや足りないという印象ですが、女性の中には極端なダイエットをしている人も多いので、この亜鉛の摂取量についての見解も、かなり個人差があるのでは?と言われています。実は、ダイエット効果を高めるためには亜鉛の摂取は必要です。意外とダイエットをしている女性の中でこのことを知らない人が多いようです。代謝を高めてくれることがダイエットサポートに繋がります。
成人女性の中でも妊娠中や授乳中の女性の亜鉛の摂取目安量はまた違って来ます。妊娠中は11mg、授乳中は12mgの亜鉛の摂取が必要です。

 

子供の場合の摂取目安量は、7mgと言われています。亜鉛は身長を伸ばしたり、骨を伸ばす作用があるので、成長期には是非摂取させましょう。また。勉強のサポートにもなるので、ママさん達は亜鉛を多く含んだメニューを作ったり、サプリメントを飲ませたりして亜鉛摂取をさせましょう。

 

上手な亜鉛サプリの選び方とは

 

亜鉛不足になるとどうなる 

サプリメントが手ごろ価格【DHC】

DHCのと言えば、一度は利用したことがある化粧品や健康食品のメーカーです。
どの商品もコスパが高いということで人気がありますし、通信販売で購入しやすいので人気があります。
今では、直営店、コンビニ、ドラッグストアとあらゆるところでDHCの商品を購入することができるようになりました。
ですから、年齢幅広くファンが多いことでも有名です。

 

 

そんなDHCですが、もちろん亜鉛のサプリメントも存在します。かなりの数のサプリメントがあるので、絶対にあるだろうと探してみたのですが、やはりありました。

亜鉛の重要性はどんどん認識されていくのに、どうもサプリメントは追いつかない状況となっているようです。
吸収しやすく、健康効果の高い亜鉛のサプリメントを作るのは結構大変だということなのでしょう。

 

DHCの亜鉛のサプリメントを飲んでいる人の多くは、家族で飲んでいるという人が多いようです。
それは、家族の健康をサポートする効果が亜鉛にあるというだけではなく、家族4人5人で飲んでも低価格なので家計に響かないということが要因だとか。
食後にはDHC亜鉛という家族も増えて来ています。
ちなみに、亜鉛のサプリメントは食後に飲むのが効果的だと言われています。

DHC亜鉛の成分/亜鉛

DHCの亜鉛のサプリメントに亜鉛は15mgも配合されています。

 

これは、かなりの高配合であることが分かります。多くの亜鉛のサプリメントは、5〜10mgあたりの配合量となっているので、15mgという配合量はかなりの数字です。
この数字でDHCを選んだという人もいるようです。

 

私たちは、毎日の食事で亜鉛をいくらか摂取はしています。しかし、さまざまな理由で実際腸内に吸収されるのは、摂取量より確実に低い数値であることは明らかです。
 
それを補充するために、サプリメントというものが存在しており、それで健康食品という呼ばれ方をするのです。
他のサプリメントでもそれぞれの特性というものがありますが、亜鉛の場合は特に吸収率が悪いことで有名です。そして、一緒に摂取してはいけない成分(吸収率を下げる成分)というものも存在します。なかなか難しい栄養素ということは明らかだと言えます。

 

 

だからこそ、食事だけでは摂取が難しいと言えますし、サプリメントの手助けが必要なのです。
亜鉛は、身体への効果がかなり幅広くありますし、思わぬ不調を改善できる効果もあります。1つのサプリメントでここまで幅広い効果があるものはそうありません。
また、年齢性別問わず必要な栄養素なので、是非摂取してほしいと思います。

DHC亜鉛の成分/クロム酵母、セレン酵母、

DHCの亜鉛のサプリメントに

含まれている成分に、クロム酵母とセレン酵母というものがあります。

 

どのような効果があるのでしょうか。

 

★クロム酵母〜レバーや海藻などの必須ミネラルに多く含まれている成分です。生活習慣病の改善などの効果があります。脂肪の燃焼を促し、筋肉を付けやすくする効果があります。高血圧改善効果もありますし、血液をサラサラにする効果も期待できます。また、善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを減らす効果があります。しかしこれらの効果は、肥満度が高い状態である人に対して効果があると言われています。

 

★セレン酵母〜セレニウムとも呼ばれる体内で作りだすことができない栄養素です。ミネラルの一種であり、高麗人参やニンニクに少量含まれているものです。ビタミンEと一緒に摂取することで抗酸化作用が高くなることが知られています。

 

あまり聞きなれない栄養素と言えますが、その効果は私たちが想像する以上のものがあります。
普段の食品で摂取することができないことから、サプリメントで摂取することが自然な流れとなっています。
これらの酵母が、DHCの亜鉛のサプリメントには含まれています。亜鉛の効果以外にもこのような酵母が含まれていることは意外と知られていないようです。

 

上手な亜鉛サプリの選び方とは

 

亜鉛不足になるとどうなる 

 

DHC亜鉛の成分/グルコン酸亜鉛

DHC亜鉛には、グルコン酸亜鉛と言う成分が含まれています。

これはどのような成分なのでしょうか。

 

 

グルコン酸亜鉛とは、亜鉛とグルコン酸分子とで形成されたものです。
これは、亜鉛の吸収を促進するものです。
亜鉛と言っても、実はその種類はひとつではなくて、どのような分子と形成されているかによって、グルコン酸亜鉛やキレート亜鉛、クエン酸亜鉛、ピコリネート酸亜鉛などさまざまな亜鉛があります。

 

サプリメントによく使われているのはグルコン酸亜鉛とキレート亜鉛です。グルコン酸亜鉛はDHC亜鉛にも含まれていますが、サプリメントによく採用されている亜鉛です。

 

キレート亜鉛は、まだ導入されて間もない亜鉛であり、まだまだ研究段階であり、今後安全性や吸収性についての情報開示がされることでしょう。

 

しかし、現段階ではグルコン酸亜鉛が、亜鉛の吸収を促進するグルコン酸分子と亜鉛で構成されていることから、DHCのサプリメントでも採用されているようです。

 

 

意外なところでは、このグルコン酸亜鉛は赤ちゃんが飲む粉ミルクにも含まれています。ということは、安全性の高い亜鉛であることがわかりますね。
ちなみに、海外の亜鉛のサプリメントでは日本とは違う種類の亜鉛が採用されていることが多いようです。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ